バイクを高く売るコツ

バイクを出来るだけ高く売りたいのはバイクのオーナーの共通の思いでしょう。ここでは、少しでもバイクを高く売るために利用したいコツについて解説しています。

バイクを高く売るコツ

中古のバイクは、どうやったら高く売れるのでしょうか?そのコツを見ていきましょう。

 

この全部が利用できるわけではありませんが、活用次第で高く買い取ってもらえる可能性はあります。

 

最初に、バイクのパット見は意外に重要で、洗車、お手入れはなにげに効果があります。汚いバイクは印象的に良くないので、査定も低くなるのは容易に想像がつくでしょう。

 

付け焼き刃は業社もすぐに見抜くでしょうから、常日頃お手入れをマメに行っておくことは言うまでもありません。

 

また、高く売りたいという気持ちが過ぎて、キズや事故歴などを隠すのは避けましょう。バイク業社はプロなので、見抜かれることが多いのです。査定時に正直であるということは、業社との信頼関係においても大事です。

 

また、査定を高くしたいがために、修理を考えるかもしれませんが、たいていの場合、意味がありません。確かにキズや故障は査定においてマイナスですが、自分で修理しても費用がかかってしまうので、多くの場合その費用分査定が高くなることがありません。

 

キズや故障は正直に申告しておくのは基本ですが、査定が低くなるのは仕方ありません。一般の買取り業者は整備工場を持っている場合が普通ですので、修理の費用は意外と安くなります。

 

パーツ交換などが合った場合には、それで取り外していらなくなった部品は、保管して置くことがおすすめです。買い取りの際には、一緒に引き取ってもらえ、その分の査定も付く場合があるのです。

 

とくに状態の良い純正品は市場にあまり出回らず、高く見積もられる場合があります。バイクの場合、買い取りの時期を考えることは不要です。月で変動する…といったものではありません。

 

ツーリングの時期は相場が高くなるという話もありますが、それは誤解です。気にする必要はありません。

▲TOP